新型コロナウイルス感染症に伴うPCR検査陽性者の発生について

 令和3年1月16日(土)から27日(水)にかけて、本学学生の学外における市中感染と思われるPCR検査陽性例が9例発生しました(経済学部8名,医学部看護学科1名)。当該学生については、現在、ホテルまたは自宅で待機中であり、登学はしておりません。
 本学では、首都圏等で緊急事態宣言が再発令されて以降、万一の感染並びにクラスター発生を避けるため、授業はオンラインで実施しており、対面を伴う実習等については限定的に実施しています。
 なお、今後予定されている大学入学共通テスト(第2日程)、後期末試験については、感染予防策を徹底した上で、予定どおり実施します。

 ※本情報に関しては、感染者やそのご家族の特定、差別の助長等につながることのないよう、ご理解とご配慮をお願いいたします。


令和3年(2021年)1月28日

国立大学法人大分大学長
大分大学危機対策本部長
北 野 正 剛

大分県の新型コロナウイルス感染症急増に伴う年末年始における本学の対応について(通知)

令和2年(2020年)12月17日 

教職員・学生の皆さんへ


大分県の新型コロナウイルス感染症急増に伴う年末年始における本学の対応について(通知) 

 現在、全国で感染拡大の「第3波」が止まらない状況にあり、大分県においても感染者の増加が続いています。
 ついては、当面、感染者が急増している地域から来た人との接触は自粛してください。
 なお、年末年始(冬季休業期間中)に限り、「家族・親族以外との会食」については、原則禁止します。

 本学は、来年1月16日、17日に「大学入学共通テスト」の試験会場として多くの受験生を迎えます。教職員・学生の皆さんにおいても、自らが感染源とならないよう、感染防止対策を徹底した年末年始を過ごすよう心掛けてください。

国立大学法人大分大学長
大分大学危機対策本部長
北 野 正 剛