新型コロナウイルス感染症に係る登学制限区域の追加について

令和2年(2020年)10月5日

医学部の皆さんへ

医学部長
山 岡 𠮷 生

新型コロナウイルス感染症に係る登学制限区域の追加について

現在、『臨床実習を受ける学生については、首都圏及び関西圏に、やむを得ず移動した場合は、大分へ帰県後、2週間は、登学を控えて体調管理を行うこと。』となっていますが、沖縄県の感染者増加状況を考慮し、沖縄県を上記制限区域に追加します。

対象学生;
医学科 (臨床実習を受ける学生)
看護学科(臨地実習を受ける学生)

移動制限;
感染者が急増している首都圏(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)及び関西圏(大阪府、京都府、兵庫県、愛知県、福岡県、沖縄県への不要不急の移動は、当分の間、控えてください。

登学制限;
首都圏、関西圏及び沖縄県に、やむを得ず移動した場合は、大分へ帰県後、2週間は登学を控えて体調管理を行ってください。

*この指定地域は、今後の感染状況により変更する場合があります。

※代議員さんは学年LINEで周知をお願いします。

新型コロナウイルス感染症に係る9月10日以降の対応について(医学部の対応)

令和2年(2020年)9月10日

医学部の皆さんへ

医学部長  
山 岡 𠮷 生

新型コロナウイルス感染症に係る9月10日以降の対応について(医学部の対応)

このことについて、9月10日付で本学から通知(添付)されたところですが、「病院等で実習を受ける学生の登学制限について」は、下記のとおりですので、併せて遵守する
ようお願いします。

対象学生;
医学科 (臨床実習を受ける学生)
看護学科(臨地実習を受ける学生)

移動制限;
感染者が急増している首都圏(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)及び関西圏(大阪府、京都府、兵庫県)、愛知県、福岡県、沖縄県への不要不急の移動は、当分の間、控えてください。

登学制限;
首都圏及び関西圏に、やむを得ず移動した場合は、大分へ帰県後、2週間は登学を控えて体調管理を行ってください。

*この指定地域は、今後の感染状況により変更する場合があります。

※代議員さんは学年LINEで周知をお願いします。

新型コロナウイルス感染症防止対策について(医学部の対応)

令和2年(2020年)8月6日

医学部学生の皆さんへ

医学部長 山岡 𠮷生

新型コロナウイルス感染症防止対策について(医学部の対応)

 このことについて、8月5日付で本学から注意喚起されたところですが、医学部の対応を下記のとおり通知しますので、併せて遵守するようお願いします。

●講義(対面)や実習が開始される2週間前を目途に、県外への移動はせず大分県内にて待機すること。

【2週間前】の目安
*再試験受験等、別用件がある学生は各自スケジュールを把握し2週間を確保すること。

医学科
1年 …後学期開始2週間前には大分県内にて待機。
2年 …8/13(木) *8/28が試験のため
3年 …8/ 6(木) *8/21が試験のため
4年 …8/23(日) *9/7-8がCBT試験のため
5年 …8/ 9(日) *8/24~臨床実習のため
6年 …8/16(日) *8/31~の総合講義に出席する場合

看護学科
1年・3年編入生(全学共通科目試験受験者)
   …8/16(日) *8/31~試験のため
2年 …8/17(月) *9/1~試験のため
3年 …8/18(火) *9/2~試験のため
4年 …8/23(日) *9/7~総合実習のため

●医学部では就職に関連する病院見学を「やむを得ない理由」とするのは医学科6年生・看護学科4年生とします。それ以外の学年の病院見学は「やむを得ない理由」ではないため、首都圏、関西圏、愛知県、福岡県、沖縄県へ移動し、大分へ帰県後、登学を控えた場合の扱いについては、欠席(公欠ではない)の取り扱いとなります。  また、やむを得ない理由以外の実習の欠席は単位は認められませんので注意してください

●【健康管理記録】(行動記録を含む)を休み中も忘れず記載してください。夏休み明けに実習がある学生は、実習初日に指導教員が内容を確認しますので必ず持参してください。
 また、初日以降も教員から求められた場合はいつでも提示できるよう準備してください。

 今後も大学からのメールは毎日確認するようにしてください
 
 ※代議員さんは学年LINEで周知をお願いします。

新型コロナウイルス感染症防止対策について(遵守事項)

令和2年(2020年)8月5日

学生の皆さんへ

新型コロナウイルス感染症防止対策について(遵守事項)

 このことについて、学生の皆さんへ下記のとおり注意喚起します。熟読の上、大分大学の学生 として、この内容に沿った行動をとるようお願いします。

 7月28日以降、大分県内でも、新型コロナウイルス感染者が再発生しており、今後は、一層 の感染拡大が懸念されます。この様な状況の中で、繁華街での会食を控える等、感染防止対策に十分留意した行動をとってください。
 何らかの体調不良を認める場合は、登学を控え、各学部等又は保健管理センター(挾間健康相 談室)へ相談してください。
 また、全国的に感染者が急増する中で、お盆期間中の帰省や夏季休暇中の行動には、感染防止 対策に十分留意して、各地域における感染状況等の情報を確認し、不要不急の移動は控えるとともに、感染者が急増している地域から帰省した友人との接触は、極力控えるようにしてください。
 特に、感染者が急増している首都圏(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)及び関西圏(大阪府、京都府、兵庫県)、愛知県、福岡県、沖縄県へ移動した方は、大分へ帰県後、2週間は登学を控えて体調管理を行うことになりますので、試験等のスケジュールを考慮した上で行動してください。2週間待機が困難な場合は、学務課・各学部学務係へ相談してください。

 なお、以下のような【「新たな日常」に対応した行動変容の働きかけ】を実践してください。

  • 日頃から3つの「密」(密閉,密集,密接)が発生する場所には行かないこと。
  • 会食や飲み会は、自己適合宣言マークのある店を利用し、5人以内で行うこと。
  • 大声を出す行動(アパートや飲食店で大声で話すこと、イベント,スポーツ観戦等で大声を 出すことなど)を控えること。
  • マスクの着用,手洗い,消毒及び換気を徹底すること。
  • JR、バス等の公共交通機関では、必ずマスクを着用すること。

サークル活動については、次のとおりとします。

  • 県外への泊りがけの旅行や合宿等は行わないこと。
  • 対外試合やイベントの開催又はそれらへの参加は、感染予防を徹底した上で、九州圏内に限定すること。

国立大学法人大分大学長
大分大学危機対策本部長
北野 正剛